Home » database » Oracleチューニング手法

Oracleチューニング手法

Oracleチューニング手法に関する解説

Oracleチューニングを始める場合、規模によって手法と費用が変わります。大規模なチューニングが必要ならば上流工程から再構築に近い作業になり、費用も膨大です。最早チューニングの域を出ているかもしれません。一般的にSQLチューニングを指すことが多いと思います

 

Oracleチューニング手法

運用開始後のチューニング手法は上流から以下のようなものがあります

1.業務フローのチューニング

・業務の見直し
・システム全般の見直し

2.DB設計のチューニング

・DB論理構造の見直し

3.アプリケーションのチューニング

・アプリケーションの見直し
・機能変更
・機能追加

4.DB構造のチューニング

・インデックスの見直し
・テーブル項目の見直し
・パーティショニング(分割)
・ビューの見直し

5.SQLのチューニング

・SQLの書き直し
・実行計画の見直し(ヒント句)

6.物理構造のチューニング

・ハードウェア増強(スケールアップ、スケールアウト)
・パラメータの見直し
・表領域の物理配置の見直し
・REDOログの物理配置の見直し

業務フローのチューニング、DB設計のチューニング、物理構造のチューニングは費用が高くなります

アプリケーションのチューニングは上記に比べると費用は少なくなります

SQLのチューニングは最も費用は少なくなります

一般的にチューニングというとSQLのチューニングのことを言います