Home » database » ORACLEデータベース製品

ORACLEデータベース製品

ORACLEデータベース製品の解説

一口でOracleデータベースと言っても様々な製品(EDITIONと言う)が存在します。

 

Enterprise Edition(Oracle EE)

エンタープライズ・エディションは、Oracleデータベースの最上位製品で、すべての機能を備え、すべての有償オプションが利用できます。もっとも高価で、大規模システム向けです。

 

Standard Edition(Oracle SE)

スタンダード・エディションは、エンタープライズ・エディションが高価なため、一部機能制限をして価格を低くした製品です。RAC(ノード制限)も使用可能で、大規模であっても大丈夫です。但し、大規模になってくると、RACのノードを増やしたいとか、ビットマップ・インデックス、パーティショニング機能やチューニングパックを使いたいという要求が出てきます。そうなるとエンタープライズ・エディションが必要になってくるということです。

 

Standard Edition One(Oracle SE1)

スタンダード・エディションより、さらに機能、価格を抑えた製品です。ワークグループ、部門サーバなどに適しています。

 

Personal Edition(Oracle PE)

シングルユーザー向けです。

 

Express Edition(Oracle XE)

無償版です。MySQLやPostGressなど無償版データベースが台頭してきたことにより、出さざる負えなかったのでしょう。勉強や研修などOracle入門としては最適です。

 

参考資料

以下、Oracleの公式サイトより編集したものです。

 

oracle_edition