Home » database » Load Profileの見方

Load Profileの見方

STATSPACKの中でシステムの負荷状況、特性、処理傾向を確認するのがLoad Profileです

STATSPACKをデータベース・チューニングで使用する場合はまず、データベース負荷の全体像を把握するために使用します

確認できる項目は以下の通りです

DB time(s):SQLの実行にかかった時間

DB CPU(s):SQLの実行にかかったCPU時間

Redo size:生成されたREDOログのサイズ(byte)

Logical reads:アクセスしたブロック数

Block changes:変更されたブロック数

Physical reads:ディスクから読み込んだブロック数

Physical writes:ディスクに書き込んだブロック数

User calls:ログイン、解析、フェッチ、実行などユーザ・コール数

Parses:SQLの解析回数

Hard parses:SQLのハードパース回数

W/A MB processed:SQL作業領域の使用量

Logons:ログオン数

Executes:SQL実行回数(再帰SQL含む)

Rollbacks:ロールバック回数

Transactions:トランザクション数

 

特に数字が大きくなっている部分に着目します

以下のケースの場合Logical readsが異常に高い数値になっています

その原因を分析することがデータベース・チューニングの第一歩になります

One thought on “Load Profileの見方

Comments are closed.