Home » database » Instance Efficiency Indicatorsの見方

Instance Efficiency Indicatorsの見方

Instance Efficiency IndicatorsはOracleインスタンスの使用効率を確認するためのものです

表示される項目は以下の通りです

 

Buffer Nowait%

バッファに要求を出したときに即座に実行可能だった割合です。目標値は95%以上です

メモリに対する使用要求に対する実行割合なので、メモリが不足している場合はこの数値が低下し、パフォーマンスに多大な影響を与えます

 

Redo Nowait%

REDO LOGに要求を出したときに即座に実行可能だった割合です。目標値は95%以上です

この数値の低下はREDO LOGに関する何等かの資源の不足が考えられます。これもパフォーマンスに影響しますので注意が必要です

 

Buffer Hit%

必要なデータがバッファ上にあった割合です。目標値は90%以上です

Buffer Nowait%と同様、この数値が低下するとパフォーマンスに多大な影響を及ぼします

メモリの中のデータに関する部分であるバッファキャッシュの不足が原因ですので、大量にデータアクセスするSQLが並行している稼働している等が考えられます

 

Optimal W/A Exec %

ソートがメモリ内で行われた割合です。目標値は90%以上です

ソートには、明示ソート(明示的にORDER BY句で指定している)と暗示ソート(DISTINCTやJOIN等データをソートして処理するもの)がりますので、この数値が低下した場合、明示ソート以外の部分も注視する必要があります

また、メモリ内のソート領域は不足するとディスクを使用してソートすることになりますので、物理的I/Oが発生しパフォーマンスに甚大な影響を与えることになります

 

Library Hit%

必要なSQL、PL/SQLがライブラリ・キャッシュ上にあった割合です。目標値は95%以上です

この数値の低下はSQLのハードパース(物理的解析処理)が発生します。データバッファキャッシュ不足程ではないにしろパフォーマンスに影響を与えます

 

Soft Parse%

全ての解析のうち再利用可能なものの割合です。目標値は90%以上です

ハードパースの結果がメモリに残っている状態ですので、この数値が高ければハードパースが起こらないことを意味しますので、パフォーマンス上好ましい状態です

 

Execute to Parse%

SQL実行に対し解析が行われなかった割合です。目標値はありません

 

Latch Hit%

全てのラッチのヒット率です。目標値は98%以上です

Latch(ラッチ)とはOracleのメモリ管理機構で、下位レベルの内部ロック機構のことです。

この数値が低下するということは、Latch(ラッチ)競合が発生していることであり、使用するデータが集中したり(ホットブロック)、大量のデータを大量の利用者が同時にアクセスしている可能性があります

Latch(ラッチ)競合と使用オブジェクト(テーブルやインデックス)を分析する必要があります

 

Parse CPU to Parse Elapsed%

解析CPU時間/解析の合計時間です。目標値はありません

 

%non-parse CPU

解析以外で使用されたCPU時間の割合です。目標値は80%以上です

 

Memory Usage %

使用された共有プールの割合です

この値が低い場合は共有プールが不足している可能性があります

 

% SQL with executions>1

再利用されたSQL文の割合です

この値が低い場合は共有プールが不足している可能性があります

 

% Memory for SQL w/exec>1

2回以上実行されたSQL文が使用したメモリの割合です

この値が低い場合は共有プールが不足している可能性があります

 

 

One thought on “Instance Efficiency Indicatorsの見方

Comments are closed.