Home » database » Oracleインスタンスの構成

Oracleインスタンスの構成

Oracle_composition

 

◆SGA (System Global Area:システムグローバル領域)

 

【データベースバッファキャッシュ】

ディスクから読み込んだデータをキャッシュする領域。データ領域とUNDO(変更前情報)領域に大別されます。

 

【REDOログバッファ】

REDO(変更後情報)ログのメモリ領域です。

 

【共有プール】

解析済みのSQL文をキャッシュするライブラリキャッシュと、オブジェクトの定義情報(テーブルの属性など)をキャッシュするデータディクショナルキャッシュがあります。

 

◆主要バックグラウンドプロセス

 

バックグラウンドプロセスはOracleの心臓とも言うべく管理プロセス(プログラム)です。

 

主なバクグラウンドプロセスは以下の通りです。これらは初期のころから存在する代表的なものです。

 

【SMON】

システムモニタと呼ばれ、インスタンス全体を監視します。

 

【PMON】

プロセスモニタと呼ばれ、ユーザープロセスを監視します。

 

【DBWR】

データベースライタと呼ばれ、データベースバッファのデータをデータファイルに書き出します。DBWRは複数起動します。

 

【LGWR】

ログライターと呼ばれ、REDOログバッファの内容をREDOログファイルに書き出します。

 

【CKPT】チェックポイントと呼ばれ、DBWRとLGWRのデータファイルへの書き込みタイミングを制御します。

 

【ARCH】

アーカイバと呼ばれ、REDOログバッファの内容をアーカイブログファイルというリカバリ用データファイルへ書き出します。

 

その他

【Snnn】マルチスレッドサーバ
【Dnnn】ディスパッチャ
【RECO】リカバラ
【LCKn】ロック

 

など多数あります。

 

機能が追加されると追加される場合があります。

 

アラートログにバックグラウンドプロセスが表示されますので、どのような処理が動いているか推察することができます。