Home » database » データベース管理者の役割

データベース管理者の役割

データベース管理者(DBA:Database Administrator)とは

データ管理者及び開発者が設計した論理データモデルから物理設計を行い、

データベースを構築したり、

構築後のデータベースの運用設計および運用保守などデータベースの管理を職務とします

具体的には

・業務データ量の増加傾向を把握し、ディスク装置の増設などを計画して実施します

・システム開発のテスト工程で、パフォーマンスチューニングを担当します

・システム障害が発生した場合に、データの復旧や整合性のチェック等を行います

一方

データ管理者(DA:Data Administrator)とは

業務の実世界から概念設計、システム化の範囲で論理設計などデータそのものの管理を行います

具体的にはシステム開発の設計工程で、論理データベース設計を行い、データ項目を管理して標準化します

 

データベース管理者(DBA:Database Administrator)の役割と関連知識

 

1.インスタンスの起動・停止

インスタンスを起動してデータベースをオープンします

データベースのメンテナンスのため、または性能障害やメディア障害のため、インスタンスを停止する場合に必要です

STARTUP MOUNT /NOMOUNT/OPEN

SHUTDOWN NORMAL/TRANSACTIONAL/IMMEDIATE/ABORT

 

2.LISTENERの設定

必要に応じて、クライアントがデータベースに接続できるようにネットワーク環境を構成します

LISTENER.ORA

TNSNAMES.ORA

 

3.データベースの物理設計

データベース記憶域の構造(表領域とデータファイル、REDOログ・ファイルおよび制御ファイル)を確認します

初期化パラメータ

データ・ディクショナリ

動的パフォーマンスビュー(V$表)

 

4.アクセス権限設定

管理者ユーザーのパスワード管理、必要に応じて新しいユーザーを作成して権限およびロールを割り当てや、ユーザーパスワードの再設定をします

USER XXXXのパスワードをYYYYに変更

ALTER USER XXXX IDENTIFIED BY YYYY;

 

5.データ移行

ユーザーと表領域や表などの必要なスキーマ・オブジェクトの作成や表へのデータ移行を行います

DDL(CREATE TABLESPACE)

SQL*Load

Data Pump EXP/IMP

 

6.バックアップ

データベースのバックアップ計画を確認してデータベースをバックアップします(リカバリの検証も含む)

Recovery Manager(RMAN)

 

7.アーカイブ

必要に応じてREDOログをアーカイブしていない場合はアーカイブします

(アーカイブログモードの確認、変更)

ARCHIVELOGモード

REDO

UNDO

 

8.パフォーマンスチューニング

データベースのパフォーマンスを監視し、パフォーマンスの問題を診断して、必要に応じてデータベースのチューニングを行ないます

Oracle内部動作

SQL内部動作

メモリ管理(Latch)

インデックス動作

実行計画

SPM(Sql  Plan  Management)

 

9.Oracleソフトウェアの保守

一般的なソフトウェアと同様に最新のパッチ・リリースを使用してOracleソフトウェアを最新状態を保持します