Home » database » ORACLEデータベースの構造

ORACLEデータベースの構造

ORACLEデータベース構造の解説

ORACLEは大きく分類するとメモリ、プロセス、記憶領域の3つの要素から構成されています。記憶領域にあるデータをメモリに読込み、結果を返す処理を行うのがプロセスの役割です。

oracle_architecture

メモリ

メモリは情報を一時的に蓄えておくSGA(System Global Area:システムグローバル領域)とセンション(ユーザー)ごとのメモリ領域であるPGA(Program Global Area:プログラムグローバル領域)呼ばれる場所に割り当てられます。SGA、PGAの詳細は「メモリ領域の設計」で確認してください

プロセス

Oracleのデータ処理はSGA内のバックグラウンドプロセスによって行われます。これをまとめて「インスタンス」と呼びます。プロセスは役割ごとに、ユーザープロセス、サーバープロセス、バックグラウンドプロセスに分かれます。インスタンスの詳細は「ORACLEインスタンスの構成」で確認してください

記憶領域

所謂物理ファイルです。データベースを構成する管理情報と実データは記憶領域(ディスク)に保管されます。ORACLEの物理ファイル構成は「ORACLE構成要素」で確認してください