本田宗一郎のリーダーシップ

を動かすことのできるは、他人の気持ちになれるである。

 

そのかわり、他人の気持ちになれるというのは自分が悩む。

 

自分が悩んだことのないは、まずを動かすことはできない。

 

行動にはつねに動機があり、目的がある。
動機が正義であり、目的が善であって、その行動だけが悪だということは、人間にはありえない。

 

信用とは、に好かれること、 約束を守ること、儲けさせることに尽きる。

 

●目的志向型、人間重視型、遵守型

 

ホンダ(本田技研工業)の創業者

 

会社では親しみをこめて「オヤジ」と呼ばれていたそうだ。

 

本田宗一郎氏を知る人は「オヤジさんは怖かった」と言っている。

 

愛情を持った強制的リーダーシップです。

 

昨今パワハラが問題となっていますが、問題はリーダーにあるのではなく、シーダーシップの使い方にある。

 

この場合のリーダーシップは愛情のない強制的リーダーシップということです。

 

本田宗一郎氏は他人の気持ちを大切にする人だったということが

 

この言葉からもうかがい知ることができます。

 

ご自分の「目的志向型」、「人間重視型」、「遵守型」、の特徴を知りたい方は、

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テストがお勧めです