ITコーディネータのプロセスガイドラインでは

 

戦略経営サイクルは

 

SPDLI経営サイクル

PDCA管理サイクル

PDS業務サイクル

 

のトリプルループからなるとしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持続的成長を目指して、

 

IT経営の成熟度をスパイラルアップするたには、

 

個々のPDS業務サイクルで適切に業務を回しながら、

 

計画通り厳格に実施するためのPDCA管理サイクルによって改善を行うことが必要であるが、

 

環境変化に柔軟な対応をするためには、

 

新たな経営戦略に基づくSPDLI経営サイクルによる抜本的な改革を行うことが重要である

 

(ITCプロセスガイドラインVer2.0より)

 

PDLI経営サイクルとは

 

Strategy(戦略)、Plan(計画)、Do(実行)、Learning(学習)、Innovation(改善)

 

 

PDCA管理サイクルとは

 

Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)

 

 

PDS業務サイクルとは

 

Plan(計画)、Do(実行)、See(確認)

 

 

普段あまり意識していませんが、

 

業務をしていると、こういうサイクルになるのではないでしょうか

 

内側と外側の違いは、

 

規模と時間軸ということでしょう

 

日々の業務では評価まですることはありませんし、

 

月単位、3カ月単位では評価しますが、

 

戦略の変更による大きな計画の見直しは年単位ではないでしょうか

 

 

ITCとしては、どのような状況にあり、

 

今何が必要かを的確にアドバイスすることが求められます

 

そして、経営者に何か気付いてもらえば、

 

以降のビジネスにつながる可能性があります