ハネムーン効果とは

ハネムーン効果とは、研修や講演などの受講後、学習効果が一時的に上がりますが、時間の経過とともにその学習効果が薄れていく現象です

誰でも経験がありますが、ためになった研修や講演であっても、実践が伴わなければ本当に学習効果があったということになりません。

学習効果を持続するには、PDCAサイクルなどのように継続的・計画的に学習することが望ましいとされています。

 

学習のPDCAサイクル

ボヤツイスによる自発的学習の理論はまさにPDCAサイクルです

 

リチャード・ボヤツイスは、ケース・ウェスタン・リザーブ大学の組織行動学部教授で、達成欲求・親和欲求・パワー欲求理論のデイビッド・C・マクレランドの弟子でした。

そのマクレランドの研究を発展させ、コンピテンシーの実証的体系を作り上げました。

このボヤツイスの自発的学習の理論を応用したのが、iWAM-SCOAPモデルです

 

 

 

コミュニケーション力を向上するためには、学習のPDCAサイクルを回し、計画的に学習することが大切です

iWAMとは職場における行動特性とモチベーション診断テストのことです。ご自身のコミュニケーションスキルを向上するのに最適です。