プレゼンテーションにおけるSDS法とは以下の頭文字をとったものです

 

【S】SUMMARY(全体概要) ・・・これから何を話すのか

【D】DETAILS(詳細説明) ・・・それぞれの詳細

【S】SUMMARY (全体要約)・・・これまでのまとめ

 

以下にSDS法を使用したプレゼンテーションの構成例を示します

 

1.SUMMARY(全体概要)

 

これから◎◎◎について3つのことをお話します。

第一に●●●について、

第二に○○○について、

第三に△△△について

 

2.DETAILS(詳細説明)

 

それでは第一の●●●についてですが、詳細に説明しますと・・・

次に第二の○○○についてですが、詳細に説明しますと・・・

最後に第三の△△△についてですが、詳細に説明しますと・・・

 

3.SUMMARY(全体要約)

 

以上、◎◎◎について、

第一に●●●、

第二に○○○、

第三に△△△ということをお話しました

 

このような構成でプレゼンテーションします

 

全体の概要を始めに話し、最後にもう一度同じ内容を結論として話すことで、顧客の疑心を解き、信頼感を得ることができるのがメリットです。