ITコーディネータ行動規範の中の【社会視点】について

 

 

ITコーディネータは、環境変化に対応し企業のあるべき姿を明確にして社会価値を創造する

 

IT経営がもたらす価値は、顧客、株主、取引先、地域社会、国際社会等に対して、利便や、利益を提供し、社会価値を創造することに繋がる。

 

IT経営を実行あるものにするためには、内外のステークホルダーのニーズや課題を常に確認し、環境変化に対応し、的確にそれらを反映したあるべき姿を明確にして、企業が社会的責任・使命を果たす。

 

人は社会的動物であり、社会から逃れることはできません

 

ITコーディネータはIT経営を実現するプロフェッショナルとして、IT経営を実現することで社会的責任・使命を果たすのです