その資格があなたを強くする

ITCとは

ITコーディネータ(Information Technology Coordinator)とは、

 

経済産業省推進資格で、

 

経営者の立場に立って経営とITの橋渡しをし、

 

真に経営に役立つIT投資を推進・支援するプロフェッショナルです!

 

ITコーディネータになるためには、

 

ITC認定試験に合格し、ケース研修を受講することが必要です

 

side1_case_syutoku1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試験の合格と研修の修了の順番は問いませんが、

 

この2つの条件を満たすことでITコーディネータとして認定を受けることができます

 

 

ITコーディネータは、IT経営を推進するプロフェッショナルです

 

IT経営とは・・・

 

経営・業務・ITの融合による企業価値の最大化を目指すことを「IT経営」と言います

 

IT経営を実現するには、ビジネス活動の中で、

 

経営環境の変化や自社の成熟度向上に対する認識(IT経営への認識)が必要です

 

この認識のもとで、経営改革活動(IT化活動を含む)を遂行することが重要です

 

 

ITコーディネータ協会では、

 

IT経営への認識と、経営改革活動を合わせてIT経営プロセスと定義し、

 

以下のようにIT経営プロセスモデルを定義しています

 

IT_keiei_process_model

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ITコーディネータを認定するケース研修では、

 

モデル企業をケースとしてIT経営プロセスを学びます

 

ケース研修の学習サイクルは、下記を参照ください

 

case_cycle1

 

 

 

 

コメント

  1. Pingback: 2013年度第2期ケース研修がスタートしました!-フルフィルメント・コンサルティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

2017年第2期お申込み

 

ケース研修企画著作ITC認定機関

ケース研修実施会社

ケース研修Facebookページ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.