PGL活用のすすめ

 

まずは、プロセスガイドラインの目的から見ていきましょう!

 

【プロセスガイドラインの目的】

 

プロセスガイドラインは、企業がIT経営を推進する際の基本的な考え方を、多様な業種・業態、規模・成熟度の企業にも適用可能な汎用的な形で、「基本原則」と「プロセス」として取りまとめたものです。従ってプロセスガイドラインは、ITコーディネータ(以下ITC)がIT経営を実現するプロフェッショナルとして活動する上での判断基準(基本原則)と実行基準(プロセス)を示すものである。ITCが特定の企業を支援する場合には、その企業の実態に合わせた形にカスタマイズして適用することが望ましい。
プロセスガイドラインの適用によって、IT経営の推進における、経営者とITC相互の共通認識をはかり、仕事の質を一定水準以上に保つことっができる。すなわち、ITCが実務を遂行する上で、経営者や従業員と一体となってITサービスを利活用した経営改革を進めるためのガイドラインとなる。

 

とあります。

 

プロセスガイドラインは

 

経営者の視点で書かれたIT経営プロセスガイドライン

 

と言ってもいいでしょう。

 

ですから、

ITCがこのプロセスガイドライン通りにすべて実行するということではありません。

 

あくまでも支援先がIT経営を目指す場合のガイドラインということであって、ITCはそれを支援するということです。

 

ケース研修では、この目的に則り、判断基準(基本原則)とは何にか、実行基準(プロセス)とは何かをしっかり学びます。

 

実際の実務でも、参考にすべき基本原則、実行基準は多々あります。

 

プロセスガイドラインを見ながら、解説していきましょう。

 

PGL_book1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

第一部 IT経営とITC

第1章 IT経営とITCプロセスガイドライン
1.IT経営
 ・IT経営プロセス
 ・戦略経営サイクル   (SPDLI:経営サイクルPDCA:管理サイクルPDS業務:サイクル
 ・IT経営の成熟度
2.当ガイドラインの使い方
3.当ガイドラインの記述上の留意点

第2章 ITC制度とITC
1.ITC制度の発足
2.ITCの使命
3.ITC資格認定制度
4.ITC制度の展開
5.ITCの人材像(ITCの立ち位置と役割
6.ITCに求められる実践力

第3章 ITCの規定類
1.ITコーディネータ倫理規定
2.ITコーディネータ行動規範
 ・社会視点
 ・顧客視点
 ・戦略視点
 ・成熟度視点
 ・プロセス視点
 ・客観視点
 ・実現視点
3.ビジョン2011

第二部 IT経営プロセス全体図
1.概要フロー
2.IT経営認識プロセス全体フロー
3.IT経営実現プロセス全体フロー

第三部 IT経営認識プロセス

第1章 変革認識フェーズ
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第2章 是正認識フェーズ
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第3章 持続的成長認識フェーズ
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第四部 IT経営実現プロセス

第1章 経営戦略フェーズ
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第2章 IT戦略策定フェーズ
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第3章 IT資源調達フェーズ
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第4章 IT導入フェーズ
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第5章 ITサービス利活用フェーズ
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第五部 IT経営共通プロセス

第1章 プロセス&プロジェクトマネジメント
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第2章 モニタリング&コントロール
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

第3章 コミュニケーション
1.概要
2.基本原則
3.プロセス

Comments are closed.