ITCの立ち位置と役割について

 

ITCの基本的なミッションとは何だろうか?

 

それは、IT経営の実現にある。

 

しかし、立ち位置によって当然役割は違ってくる。

 

ITCがIT経営を推進する企業の経営者やCIOである場合と、

 

当該企業の一般従業員とでは、企業内での立場や責任が異なる。

 

しかし、

 

企業内にいるITCにとっては、経営者であるか、従業員であるかに関わらず、

 

IT経営を推進する役割を果たすことは同じである。

 

企業のIT経営を外部から支援するITCは、独立系ITC、ベンダー企業内ITCともに、

 

顧客企業の外部専門家として、IT経営実現の支援者の役割を果たす。

 

IT経営支援の一環であるが、独立系ITCが、

 

企業やベンダー企業のIT経営に係わる業務支援を行う場合や、

 

ベンダー企業がIT経営を推進する企業の業務支援を行う場合がある。

 

また、独立系ITCは、企業のIT経営実現のため、

 

IT経営を推進する企業とベンダー企業が相互にパートナーとして連携できる環境づくりを行う役割もある。

 

企業、大学、研修機関、教育機関、行政機関、商工団体など諸支援団体において、

 

教育・育成・指導などを行うITCは、広く社会に対するIT経営の啓発者、

 

IT経営人財の育成者としての役割を果たす。

 

ケース研修では、インストラクタの経験や実績から、これらの役割についても学んでいくことができます。