ITCの使命について

 

使命とは、命の使い方と書くとおり、「命をかけて取り組む」いうことです。ミッションとも言います。

 

最近の経営環境の変化は著しく、企業間の競争はますます激しさを増している。

 

その大きな要因は顧客要求の変化、技術の進歩、中でもインターネット、

 

モバイルに代表されるITの急速な進歩による経営のスピード化

 

およびWebマーケティング等による商取引環境の劇的な変化と言われている。

 

ITCは経営者と経営環境変化についての認識を共有するとともに、

 

革新的な経営戦略の策定支援、軽絵戦略目標を達成するためのITサービスの利活用を通して、

 

経営改革を支援していく使命を担っている。

 

ITサービス利活用の成功の前提として、経営者自らがITを経営の問題としてとらえること、

 

すなわち、ITの重要性の認識と、その活用に向けた経営者のリーダーシップを必要とする。

 

しかしながらITの変化は激しく、経営者が常に経営状況とITの状況を把握することは容易なことではない。

 

結果として非効率なIT化投資が行われていることがある。

 

こうした非効率なIT化投資を解消することもITCの指名である。

 

2006年1月に政府が発表した「IT新改革戦略」の中では、IT経営の確立による企業の競争力強化のためには、

 

経営に役立つIT化投資について知見を有するITC等の外部専門家の活用の必要性と、

 

ITC等の高度IT人材を継続的に排出していく重要性を掲げている。

 

ITCは、このような国の施策推進の役割も果たしている。

 

ケース研修を受講してITCに認定されたからには、まさに命がけで取り組まなければならないのです!