アンダーマイニング効果

 

我々人間は、常に何か目的や方向性をもって行動していると考えられる

 

その時、何らかの動機づけが作用している

 

あの人が喜ぶから、これをやる

 

上司に言われたので、この仕事をする

 

上司に言われたので、この仕事をする。ただ、やりたかった仕事だ

 

誰が何と言おうと、私はこうする

 

自らの好奇心や関心など、

 

外部の情報に依存しない動機づけを内発的動機づけと言う

 

義務、罰則、報奨、規則、ルール、目標数値、他人の意見など

 

外部の情報によってもたらされる動機づけは外発的動機づけと言う

 

内発的動機づけに基づいた行動は行動そのものが目的であるが、

 

外発的動機づけに基づいた行動は単なる手段となっている場合が多い

 

但し、自己の価値観や信念と一致している場合は、

 

内発的動機づけと同じで行動を取る

 

当初、内発的動機づけによって行動していたものが、

 

報奨など外発的動機づけを受けることで、動機づけが低下することを

 

アンダーマイニング効果

 

という。

 

自ら由とした行動において、金銭的な外発的動機づけを受けると、

 

やる気を失くした経験は誰しも一度くらいは経験があるかもしれない

 

逆に、外発的動機づけによって、内発的動機づけが高まることを

 

エンハンシング効果

 

という

 

どちらが良い悪いではなく、

 

内発的動機づけでやる気が出る人(これを内的基準型)と、

 

外発的動機づけでやる気が出る人(これを外的基準型)が

 

いるということです

 

ご自身の内的基準、外的基準の強さ、弱さを、お知りになりたい方は・・・

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テスト受検を!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.