徳川家康のリーダーシップ

岡崎城にある「東照公遺訓」より

 

人の一生は、

重荷を負うて遠き道をゆくがごとし

いそぐべからず、

不自由を常と思えば、

不足なし心に望み起らば困窮したる時を思い出すべし

堪忍は無事長久の基(もとい)

怒りは敵と思え

勝つ事ばかり知りて、

まくる(負ける)事を知らざれば

害その身にいたる

おのれを責めて人をせむるな

及ばざるは過ぎたるよりまされり

慶長八年正月十五日

 

人はただ身のほどを知れ、草の葉の露も重きは落つるものかな

 

●反映・分析型、問題思考・回避型、寛容型

徳川幕府の祖、徳川家康の晩年の書です。徳川家康といえば、戦国時代をしぶとく生き抜いた忍耐の人というイメージがあります。

 

「堪忍」は、じっくり考え、じっと待つ、反映分析型

 

「重荷」、「不自由」、「困窮」、「負ける」、「害」は、問題思考・回避型

 

「おのれを責めて人をせむるな」は、ルールや規則を相手に押し付けない寛容型もしくは遵守型

 

問題思考・回避型の言葉が多くちりばめられていますね

 

つまり、徳川家康は、じっくり考え、時期を待ち、問題を発見・分析・回避しながら、あまり自分のルールや規則を押し付けず、周りの人との調和を保ちつつ目標に向かうリーダーシップです。慎重さがうかがえます。戦国時代を生き抜くための知恵だったのかもしれません。

 

この言葉からもうかがい知ることができます。

 

ご自分の「反映・分析型」、「問題思考・回避型」、「寛容型」、「遵守型」の特徴を知りたい方はiWAM受験がお勧めです