文章で損をしている人に共通していること  

 

落ち着きのない人は、文章が雑だったり、誤字、脱字があったりします。  

 

カッコつけたがる気どり屋は、やたらと難しい漢字を使ったりカタカナ語を使ったりします。  

 

虚栄心の強い人は学者のような回りくどい言い方をすることもあります。  

 

人の数だけ個性があるように、百人の書き手がいれば百通りの文章があります。  

 

まさしく文章は自分の分身みたいなものなのです。

 

書き手の知性や感性があらわれますし、  人間性 や心情がにじみ出てきます。  

 

どんなことに興味を持っているのか、どんなことを考えているのか、文章にはありありと出ています。

 

 続きは・・・

 
伝わる文章の書き方


 

 

伝わる文章の書き方