坂本龍馬のリーダーシップ

世の人は、

             我に何とも言わば言え、

                                            我が成す事は、

                                                                  我のみぞ知る

by 坂本龍馬

 

●内的基準型、目的志向型、自分型

 

明治維新の立役者、坂本龍馬は、自分のやり方で、

日本を変えるという目的をもって、人に何と言われようとも、

自分の思い通りに自由に活動した人というイメージです。

 

「我のみぞ知る」は、自分の中に判断基準があり(これを内的基準型という)、

 

他人に従くことなく、自分のルールで行動する(これを自分型という)

 

「我が成す事」は、目標、目的です。(これを目的志向型という)

 

坂本龍馬のリーダーシップとは、目標に向かって、自分の思いや考えを貫き、成功に導くということです。

 

この言葉からもうかがい知ることができます。

 

ご自分の内的基準型、目的志向型、自分型のスコアが知りたい方はIWAM受検がお勧めです