PM理論の重要性

 

PM Theory of Leadership

 

日本の社会心理学者、三隅二不二(みすみ じゅうじ)が1966年に提唱したPM理論とは、

 

リーダーシップを

 

P:Performance「目標達成能力」

 

M:Maintenance「集団維持能力」

 

の2つの能力要素で構成されるとした

 

目標設定や計画立案、メンバーへの指示などにより目標を達成する能力(P)と、

 

メンバー間の人間関係を良好に保ち、

 

集団のまとまりを維持する能力(M)の2つの能力の大小によって、

 

4つのリーダーシップタイプ(PM型、Pm型、pM型、pm型)を提示し、

 

PとMが共に高い状態(PM型)のリーダーシップが望ましいとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・PM型(P・M共に大きい)
目標を明確に示し、成果をあげられると共に集団をまとめる力もある理想型

 

・Pm型(Pが大きく、Mが小さい)
目標を明確に示し、成果をあげるが、集団をまとめる力が弱い。
成果はあげるが人望がないタイプ

 

・pM型(Pが小さく、Mが大きい)
集団をまとめる力はあるが、成果をあげる力が弱い。
人望はあるが、仕事は今ひとつというタイプ

 

・pm型(Pが小さく、Mも小さい)
成果をあげる力も、集団をまとめる力も弱い。

リーダー失格タイプ。

 

 

ここで、人望とは何でしょうか?

 

人を引き付ける魅力みたいなものでしょうか

 

やはり信頼できる人ということではないでしょうか

 

部下に対して、上司に対して、周りの人すべてに対して

 

信頼を得ている範囲が広いほど人望があるのではないでしょうか

 

仕事もそうですが、人間関係においても真摯に対応することが信頼につながるのだと思います。

 

周りに必ずいる人望の厚い人の行動特性を観察するのも良いかもしれません

 

周りに気を配りながらも、

 

自分の価値観や信念をしっかり持っていて、

 

明確な目標に向かっている人ではないでしょうか

 

ご自身の「目的志向型」、「寛容型」などお知りになりたい方は

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テストの受検を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.