パス-ゴール理論(目標経路理論)

 

Path-goal theory of Leadership

 

ハウス (R.House) が1971年に提唱した、リーダシップ条件適応理論の1つ。

 

 

リーダーシップの本質は、

 

「メンバーが目標(ゴール)を達成するためには、リーダーはどのような道筋(パス)を通れば良いのかを示すことである」

 

という考えに基づいた理論です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【リーダシップ・スタイル】

 

・指示型
課題志向が高く、メンバーに何を期待しているかをはっきり指示し、

仕事のスケジュールを設定、仕事の達成方法を具体的に指示する

 

・支援型
相互信頼をベースに、メンバーのアイディアを尊重、

感情に配慮してニーズに気遣いを示す

 

・参加型
決定を下す前にメンバーに相談し、彼らの提案を活用する

 

・達成志向型
困難な目標を設定し、メンバーに全力を尽くすよう求める

 

 

リーダーシップスタイルには、正解というものはありません

 

これらのスタイルを状況に応じて使い分ける、その状況判断の正確さにあります。

 

時に目的志向を強く打ち出し、

 

時に目的・目標だけでなく、問題思考・回避を全面に打ち出す。

 

メンバーのアイデアを尊重する寛容型

 

メンバーの申し出に従う遵守型

 

なども時に必要です。

 

これらご自身の認知フィルターの意識が高いか、低いか

 

診断するのも良いかもしれません。

 

 

ご自身の行動特性とモチベーションを診断するiWAMを受験してはどうでしょうか