成果を出すプレゼンテーション


 

成果を出すプレゼンテーション(outcome-for-presentation)

 

あなたのプレゼンは、聞き手を惹きつけ、成果に直結していますか?

 

この質問に自信をもって『イエス!』と答えられる人にとっては、

 

このホームページの情報は必要ありません。

 

しかしながら、

 

『イエスとは言い難いプレゼンテーションレベルにいる』

 

『悪くはないが、もう一段のレベルアップをしたい』

 

『もういい加減、この低レベルなプレゼンテーションから脱却したい・・・』

 

などといった、

 

何らかの問題意識を持っている人にとって、

 

このホームページの情報は大いに役立つことでしょう!

 

だいたいにおいて、ビジネスマンは、そのプレゼンテーションにおいて、

 

大きな勘違いをしているのが現実です。

 

指摘できるポイントはいくつかありますが、

 

代表的な勘違いのひとつが、正確な情報を、時間内にできる限り網羅して語り、

 

内容のすべてを聴き手に理解して欲しいと望むことです。

 

はは、あなたもそう思ったんですか?

 

なおさらこのホームページの必要性が高まりましたね(笑)

 

成果を出すプレゼンテーション(outcome-for-presentation)

 

そう、まずこの点に関して、プロのプレゼンターから一言申すならば、

 

明らかにあなたは多くを語り過ぎてます。

 

実際、あなたがそのようなプレゼンテーションをたくさんやってきたとしたら、

 

その成果の程はおそらく知れてるはずです。

 

ではなぜそうなるのでしょうか?

 

理由もわからないままに、

 

同じような悔しい思いを何回も経験するビジネスマンは、

 

決して少なくありません。

 

もし、あなたがご自身の内面で認識している実力と、

 

外部評価とのギャップがなかなか埋まらないとしたら……

 

この事例に見るように、プレゼンテーションの基本スタンスを

 

大きく履き違えている可能性が高いのです。

 

この例でまずは答えを示しますと、

 

実は、プレゼンテーションする情報には、・・・

 

 


 

成果を出すプレゼンテーション(outcome-for-presentation)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.