ワンセンテンス・ワンパーソン話法

 

プレゼンテーションにおいて

 

参加者一人一人にワンセンテンスずつ話す

 

これにより、参加者は自分へ話しかけられていると感じ、

 

プレゼンターへの親近感や、

 

研修やセミナーへの参加意欲が増す

 

結果的に参加者の満足度が上がり、

 

売上やビジネスチャンスへつながる可能性がある

 

ジグザグ話法と併せて使うとさらに効果的

 

プレゼンテーションは、

 

自宅の居間(リビングルーム)で家族と話をしているような状態で話すと良いとされている

 

緊張すると、声が小さかったり、逆に大きくなりすぎたりする傾向がある

 

また、話のスピードも速くなる傾向にある

 

自分が思っている以上に速くなるので、少し遅いくらいで話すのが良い。

 

これ以外に、声の高さ、低さ、つなぎの音声(いわゆるドックワード)など

 

これらを周辺言語(パラランゲージ)と言う

 

ドックワードとは、「エー」、「アー」など、話しいの合間によく言ってしまうのも

 

ドックワードは多すぎると、聞いている人はそちらに注意が行き、

 

話の内容を理解してもらえない可能性があるので、

 

最小限にすると良い

 

プレゼンテーションの時は話の内容だけでなく、周辺言語にも注意すると良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.