織田信長のリーダーシップ

 

戦国の英雄です。

足利幕府や公家との関係、家臣の採用方法、楽市楽座など、既存概念に捉われず、旧体制、旧制度を破壊していったイメージがあります。

 

 

仕事は自分で探して、創り出すものだ。

 

与えられた仕事だけをやるのは、雑兵だ。

 

 

本当に言ったかどうかは分かりませんが、こういう「ことば」が伝わっています。

 

合理主義的な信長らしい「ことば」です。

 

秀吉を可愛がったということは、秀吉は相当仕事ができたんでしょうね

 

 

 

●主体・行動型、自分型

 

自分から率先して仕事を創り出す主体・行動型を求めています。自らの価値観・ルールを求めていることも伺われます。

 

小説やドラマでしか分かりませんが、秀吉や柴田勝家、明智光秀等侍大将(現在の役員に相当?)に求めていたのはこういうことかなと思います。

 

本能寺の変で有名な明智光秀は主体・行動型というよりも理論家であり反映・分析型のイメージがあります。

 

この辺りも信長とそりが合わなかったのかもしれません

 

信長の考えるリーダーシップをこの言葉からもうかがい知ることができます。

 

 

歴史も認知フィルターで分析すると面白いですね

 

 

認知フィルターをお知りになりたい方は

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テストの受検がお勧めです