プレゼンテーション時の話法として

 

ネステッド(入れ子)ループ(繰り返し)話法がある

 

これは、5つ程の寓話や例え話を入れ子にして話すことで聞き手の無意識にメッセージを伝える高等技術です

 

お坊さんや司祭など宗教関係の方の話はこのような話法になっていることが多いと思います

 

自然に引き込まれ、何だか知らない内に納得したりした経験ありませんか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NESTED LOOP話法は

 

まず、1番目の寓話、挿話を80%~90%まで話します

 

どこで止めるかが結構難しいですが

 

それを2,3,4、と話していきます

 

自然な流れで話を繋げるのが難しいです

 

そして、最も伝えたいメッセージを話します

 

それから、4,3,2,1と話の続きを話していきます

 

また、落語の「まくら」も同様の効果がありますね

 

本題に入る前に一見関係していなさそうで、関係している話から入りますね

 

そうすると、本題がより面白くなったり、記憶に残ったりします

 

プレゼンテーションの場面においても、伝えたいメッセージを直接言うより

 

効果があるとされています

 

結構高等話法なので、訓練が必要ですが、挑戦してみてはいかがでしょうか