ネゴシエーション理論の変遷図

 

 

 

交渉学は、過去40年程度で次第に発展してきた。

 

代表的なものが「ハーバード流」と呼ばれる交渉学であり、

 

ハーバードロースクールにおいて、

 

ロジャー・フィッシャー教授らが1978年からスタートさせたプロジェクトに端を発するものである。

 

このハーバードスタイルの交渉学は、Win-Winアプローチの交渉学(原則立脚型交渉)を提唱している。

 

近年、交渉学は、

 

経済学(特にゲーム理論)、社会学、心理学、法学、政治学、商学など

 

さまざまな学問分野の専門家が研究にあたっており、

 

現在では、

 

ハーバード大学ロースクールのProgram On Negotiation(Pon)が交渉学の発展に向けて中心的な役割を果たしている。

 

また、コンセンサス・ビルディング等の社会的合意形成に対するアプローチとしても発展過程にある。

 

iWAMは職場における行動特性とモチベーションを診断する認知心理学・認知言語学を応用した世界で初めてのWeb診断ツールです

 

iWAMを活用することで相手に影響を与える言語で会話するネゴシエーション力を付けることができます。