モチベーション理論の変遷図

 

 

 

モチベーション理論の変遷で見ると、

 

1950年代のアブラハム・マズローの5段階欲求説に代表される人間の内面に焦点を当てた理論が主流であった。

 

この時期は「人は何によって動機づけられるのか」といった「内的・欲求系」に関する理論が中心であった。

 

その後、ロックの目標設定理論やブルームの期待理論など

 

「人はどうやって動機づけられるのか」という「動機づけの過程」を重視し、

 

目標設定やインセンティブによる外発的動機づけ理論へと推移する。

 

今後は、ミシェル・ショウダの認知―感情システム理論など

 

「人の内発的動機づけをどのように認識し、どうしたら動機づけできるか」という

 

認知系などのより実践的な理論が重要になると思われます。

 

 

iWAMは職場における行動特性とモチベーションを診断する認知心理学・認知言語学を応用した世界で初めてのWeb診断ツールです