記憶力は、一生、鍛えることができる!

 

 

     
 
 
記憶するという事は、強く印象に残す事!       
 
司法試験界の「カリスマ塾長」として知られる、    
 
「伊藤塾」塾長の伊藤真氏は、こう断言する。      
 
日本で最難関の試験といわれる司法試験に合格するためには、  
 
膨大な量の事柄を覚え、 それを使いこなすことができなければならない。  
 
60歳を過ぎてから勉強を始めて、合格する人もいる。   その人たちは特別なのかといえば、そんなことはない。  
 
「記憶する技術」をもっているかどうかである。  
 
それはたとえば、  
 
記憶を効果的に定着させたり呼び覚ましたりするためのコツや 、  
 
記憶する対象に関心をもつといった意識のことである。  
 
本書では、これまで多くの塾生を指導してきた中で、  
 
また著者自身が実践してきた、「記憶」を自由自在にコントロールする方法を伝授する。  
 
続きはこちら▼
 
 
記憶する技術