1.生理的欲求:ライフラインとも言うべき生きていくことに欠かせないものに対する欲求

2.安全の欲求:生きていくことを脅かされないことへの欲求

3.所属の欲求:家族、会社、国家など組織や仲間、グループに入っていたいという欲求

4.自尊の欲求:他の人から認められ、ほめられたいという欲求

5.自己実現の欲求:自分に内在している能力、可能性を最大限実現したいという欲求

 

 

人は下位の欲求が満たされると、上位の欲求を目指すというもの

 

モチベーションは動因(ドライブ)と誘因(インセンティブ)の足し算で表わすことができる。

 

モチベーション = 動因(ドライブ) + 誘因(インセンティブ)

 

動因(ドライブ)とは、内的要因(心の中)であり、誘因(インセンティブ)とは外的要因(もの、情報)である。

 

誘因(インセンティブ) としては、以下のようなものがある。

・物質的インセンティブ (お金、もの)

・評価的インセンティブ (考課、昇進)

・人的インセンティブ (職場や上司との人間関係)

・理念的インセンティブ (価値観、会社の理念)

 

アブラハム・マズロー(1908年~1970年)の5段階欲求説で見ると、下位の欲求では誘因(インセンティブ)が有効であるが、上位へ行くほど動因(ドライブ)の比率が高くなる