学習する組織

変革認識プロセスにおいては、一時的な活動に留まらず

 

改善・改革活動を組織に根付かせること

 

既存概念に捉われず、新しい発想を取り入れていくことが重要である

 

ハネムーン効果というのがある

 

ハネムーン効果とは、

 

研修や講演などの受講後、学習効果が一時的に上がるが、

 

時間の経過とともにその学習効果が薄れていく現象である。

 

得てして改善・改革活動もこの傾向にあり、

 

一時的な活動になる傾向にある

 

活動結果の評価は必要だが、

 

学習するのは組織の中の「人」である

 

人材の育成こそ、成長する組織である

 

物事に関心をもつ人材

 

相手(顧客)の立場に立って考えられる人材

 

変化の要因から課題に昇華できる人材

 

信念に基づき価値観を共有しながら行動できる人材

 

IT経営において、

 

企業風土として継続的に学習する組織を創ることが最終目標です

 

人的資源管理戦略(HRMS)に関するお問合せは・・・