リーダーシップ論の変遷

 

 

 

リーダーシップ理論は、大きく3つに分類できる。

 

一つ目は、リーダーシップに必要な個人の資質や能力に関わるリーダーシップ特性論である。

 

1940年代までは、「偉大なリーダーには、共通する特性がある」という前提により過去の優れたリーダーが持っている特性(パーソナリティー)を明確にしようとした。

 

二つ目は、リーダーシップを発揮する時のリーダーの行動に注目したリーダーシップ行動論である。

 

1950年代から60年頃には、「リーダーを作り上げる行動がある」という前提により、

 

どのような行動が優れたリーダーを作り上げるかを研究した。

 

しかし、これもその行動は、特定できなかった。

 

3つ目は、リーダーやフォロワーの置かれている状況によってリーダーシップが異なるというリーダーシップ条件適正理論である。

 

1960年代は、「リーダーが置かれていた状況が異なれば、

 

必要とされるリーダーの行動も異なる」という前提により、

 

「どんな人でも適切な状況に置かれればリーダーシップを発揮できる」

 

という理論が展開された。

 

iWAMは職場における行動特性とモチベーションを診断する認知心理学・認知言語学を応用した世界で初めてのWeb診断ツールですが

 

iWAMを使って優れたリーダーの行動特性(仕事の捉え方)をモデル化し、

 

次期リーダーの育成に役立てることが出来ます