いろいろのリーダーシップスタイルが提唱されているが、EQ(こころの知能指数)で有名なダニエル・ゴールマンのリーダーシップスタイル

 

ビジョン型 リーダーシップ

 

共通の夢に向かって人々を動かす

変革のための新ビジョンが必要な時、または明確な方向性が必要な時

 

 

コーチ型リーダーシップ

 

個々の人の希望を組織の目標に結び付ける

従業員の長期的才能を伸ばし、パフォーマンス向上を援助する時

 

 

関係重視型リーダーシップ

 

人々を互いに結びつけてハーモニーを作る

亀裂を修復する時、ストレスのかかる状況下でモチベーションを高める時、結束を強める時

 

 

民主型リーダーシップ

 

提案を歓迎し、参加を通じてコミットメントを得る

賛同やコンセンサスを形成する時、または従業員から貴重な提案を得たい時

 

 

ペースセッター型リーダーシップ

 

難度が高くやりがいのある目標の達成をめざす

モチベーションも能力も高いチームから高レベルの結果を引き出したい時。使い方が稚拙なケースが多いため、非常にマイナスの場合が多い

 

 

強制型リーダーシップ

 

緊急時に明確な方向性を示すことによって恐怖を鎮める

危機的状況下、または再建始動時、または問題のある従業員に対した時。使い方を誤るケースが多いため、非常にマイナス

 

 

 

また、以下のようなリーダーシップスタイルを言う人もいます

 

カリスマ型リーダシップ

 

フォロワーに対して深い影響力を及ぼすことのできる個人的特性によるリーダーシップ(ペースセッター型リーダーシップとほぼ同じ)

 

変革的リーダーシップ

 

既存の仕事のやり方を変えたり変化へ対応すべくフォロワーの価値観や行動を変えたり、組織としての動きに変革を起こしたりするようなリーダーシップ

 

サーバントリーダーシップ(ロバート・グリーンリーフ)

 

「リーダーである人は、まず、相手に奉仕し、その後相手を導くものである。」つまり、自発的に行動できるメンバーを育て動機付けるリーダーシップ

 

ワールドクラスのリーダシップ

 

置かれている社会・ビジネス環境に対応して4つのリーダシップスタイルを使う必要があるとする考え方。この4つのリーダーシップは独立しているのではなく、つながりあって良いリーダシップが実践できる

 

・セルフリーダシップ(自分自身を理解、リードする)
・チームリーダシップ(チームを理解、リードする)
・ワールド・リーダシップ(世界を理解、リードする)
・ソーシャル・リーダシップ(社会を理解、リードする)

 

 

リーダーの資質があるとか、ないとか言いますが、

 

資質が問題だとすれば、それは状況を理解する能力だと思います。

 

危機的状況下でもないのに人を好き嫌いで判断し、強制的リーダーシップを使用したり、

 

逆に、危機的状況下で関係重視型リーダーシップで対応するなど。

 

いろいろなリーダーシップスタイルがありますが、

 

状況を的確に理解し、その時に適したリーダーシップを使い分けるのが真のリーダーシップだと思います。

 

では、リーダーシップに必要な認知フィルターは何でしょうか

 

主体性(主体・行動型、反映分析型)

 

判断基準(内的基準型、外的基準型)

 

方向性(目的志向型、問題思考・回避型)

 

ルールの適用(自分型、遵守型、寛容型)

 

などが関係しているかもしれません

 

ご自分の判断基準、判断基準、方向性、ルールの適用をお知りになりたい方は、

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テストがお勧めです