勝海舟のリーダーシップ

 

幕末の幕臣ですが、維新回天の立役者の一人と言ってもいいでしょう

 

江戸城無欠開城させたことでも分かる通り、

 

目線は、幕府のためというよりも国民のためという感じがします

 

事を遂げる者は愚直でなければならぬ。才走っては上手くいかない。

 

行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。

 

 

勝海舟

●目的志向型、主体行動型、内的基準型

 

「事を遂げる」は、目的志向型

 

「才走って」は、主体行動型

 

「批判は他人のもの、知ったことではない」は、内的基準型

 

日本は、激動の時代

 

このころの日本人は、

 

日本を列強から守り、

 

強くするためという目的では

 

佐幕派も倒幕派も同じだと思います

 

海軍操練所での坂本龍馬らとの関係は、

 

類は友を呼ぶ

 

なるべくしてなったのでしょうね

 

 

ご自身の目的志向型、内的基準型、自分型をお知りになりたい方は

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テストの受検をお勧めします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.