ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(二要因理論)

アメリカの臨床心理学者、フレデリック・ハーズバーグは、職場における満足と不満足の要因を分析した結果、満足に関する要因を「動機づけ要因」、不満足に関する要因を「衛生要因」と結論づけた。

衛生要因は、職場の環境(経営方針、管理方法、労働条件、場所、環境など)、つまり外部要因のことを指す。衛生要因は少しでも欠けると不平・不満を感じるが、満たされてもやる気にはつながらない。

動機づけ要因は、達成感、責任感、能力開発などの内部要因のことを指す。まさにマズローの「自己実現の欲求」などの上位欲求のことです。

ここに、

内的・外的基準志向性と目標設定に関する資料がある(稲田大学 人間基礎科学科 1997年)

 

naiteki_gaiteki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内的要因(つまり内的基準志向性)と

外的要因(つまり外的基準志向性)の

高低によって目標設定に違いが表れるというもの。

内的基準志向性が高くても、外的基準志向性が高いと目標設定は平均になってしまうというのは興味深い。

職場における行動特性とモチベーションを診断できる




Comments are Closed