月別: 2016年2月

 

プレゼンテーション理論の変遷

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンテーション理論の変遷図

 

 

プレゼンテーションにおける明確な理論というものはないが、

 

成功しているプレゼンターを分析した結果から出たノウハウが一般的な理論として定着してる。

 

プレゼンテーション力に影響を与える理論は以下のようなものがある。

 

◆理論

アルバートメラビアンの法則

ロジカルシンキング

 

◆構成法

SDS法

PREP法

 

◆話法

ラポール

ワンセンテンス・ワンパーソン話法

ジギザグ話法

ネステッドループ話法

 

最近では、Webの進展もあり、

 

単なる情報提供型のプレゼンテーションでは集客、購買につなげるのは難しくなってきており、

 

ワークショップ型のプレゼンテーションにより、

 

顧客の参加意識を高め購買につなげることが主流になっている。

 

そういう意味ではファシリテーション力とプレゼンテーション力の境界線がなくなりつつある。

 

単に知識の説明だけでは商品は売れない。

 

顧客の心を動かす(感動させる、驚かせる、共鳴させる)など、

 

アルバートメラビアンの法則にあるように内容重視より非言語コミュニケーションが重要である。

 

 

iWAMは職場における行動特性とモチベーションを診断する認知心理学・認知言語学を応用した世界で初めてのWeb診断ツールです

 

 

職場における行動特性とモチベーション診断テスト

 

その他のコミュニケーション・スキル

モチベーション理論の変遷

 

 

 

 

 

 

 

 

モチベーション理論の変遷図

 

 

 

モチベーション理論の変遷で見ると、

 

1950年代のアブラハム・マズローの5段階欲求説に代表される人間の内面に焦点を当てた理論が主流であった。

 

この時期は「人は何によって動機づけられるのか」といった「内的・欲求系」に関する理論が中心であった。

 

その後、ロックの目標設定理論やブルームの期待理論など

 

「人はどうやって動機づけられるのか」という「動機づけの過程」を重視し、

 

目標設定やインセンティブによる外発的動機づけ理論へと推移する。

 

今後は、ミシェル・ショウダの認知―感情システム理論など

 

「人の内発的動機づけをどのように認識し、どうしたら動機づけできるか」という認知系などのより実践的な理論が重要になると思われる。

 

 

 

iWAMは職場における行動特性とモチベーションを診断する認知心理学・認知言語学を応用した世界で初めてのWeb診断ツールです

 

 

職場における行動特性とモチベーション診断テスト

 

その他のコミュニケーション・スキル