2013年10月20日(日)所属するNPOちば経営応援隊において、

 

中小企業を支援できる人材の育成を図る事業の一環として

 

私が講師を務めるITコーディネータのコミュニケーション力向上のための研修が実施されました

 

 

研修風景はこちら

 

傾聴(アクティブリスニング)は心構えとして

 

そういうことはできる前提で

 

コミュニケーションの基本とは何か、から始まり

 

経営者とどのように向き合うか

 

話の引き出し方は?

 

コンサルタントとして、自分の価値観・信念と向き合い

 

経営者と腹を割った話ができるか

 

それを、堅い話にならずにどのように伝えるか

 

この辺りが研修のテーマです

 

高度実践型支援人材育成事業とは

 

「中小企業者に対して、

 

新たな販路開拓に係る支援や、

 

新たな商品の開発に関する支援等、

 

経営支援の現場に経営支援者等を同行させ、

 

当該支援の実施に関与させる等により、

 

経営支援のノウハウや知識の習得を図る研修を行う。」

 

という事業です。

 

今回は11名のITコーディネータを育成します

 

これからも本気のITコーディネータの育成を目指します!

 

com20131020