IT経営認識プロセスは

 

変革認識フェーズ

 

是正認識フェーズ

 

持続的認識フェーズ

 

に分かれる

 

これらを進めるのは企業側、つまり経営者である。

 

ITコーディネータはそれを促すことにある。

 

改革の初期段階は変革の認識を持ち、

 

改革の実施段階においては状況をモニタリングし、

 

不具合を是正していくことが必要である。

 

また、経営改革が一段落した段階では、

 

さらなる変革を目指した持続的な変革を進めていくことが重要である。

 

つまり、戦略経営サイクルである。

 

ITCプロセスガイドライン(PGL)より

 

では、経営者に変革認識してもらうためには

 

それは・・・

 

変革認識フェーズにつづく

 

ITCのコミュニケーション・スキルとは

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テストを受験すると分かります