IT経営とは

IT経営とは、企業経営の課題である、売上・利益の向上、生産性の向上、競争力の強化、継続的な成長の確保等をITを利用・活用することで解決する経営のことです

IT経営セミナーでは、IT経営推進プロセスガイドライン(Ver3.0)に則って進めます


 

IT経営セミナーでは以下の内容を事例演習、自社分析を交えながら学びます

◆経営理念、ミッション、ビジョン、社長の思いとは

◆エイベルの事業ドメイン(ターゲット顧客、ニーズ、ノウハウ)とは

◆現状の確認(SWOT分析)

◆経営課題の抽出(クロスSWOT分析)

◆最重要課題(CSF)の抽出

◆目標(KGI)の抽出

◆達成指標(KPI)の抽出と行動項目

 

今やITのない経営はありません

ITは経営そのものと言っても過言ではありません

しかし、何から手をつけたらいいか分からないという経営者の方が未だに多いのも事実です

 

売上を拡大したい

新規開拓をしたい

コストを削減したい

工期・納期を短縮したい

在庫を削減したい

組織や人材が非効率になっている

社員の能力を生かした組織に変革したい

リスク管理がしたい

 

どうすれば、これらの課題を解決できるのか

その糸口となるのがIT経営セミナーです


 

 

 

 

 

 

 

IT経営推進プロセスガイドラインVer3.0では、IT経営を実践する方法が解説されています

一読してみるのもいいでしょう

そしてわからなければITコーディネータに問合せしてみることです

経営改善のヒントがそこにあるはずです

 

最近多いIT経営支援内容

 

最近では、「ホームページを活用して売上を伸ばしたい」という支援依頼が増えています

そもそもITのことが分からないので、ホームページの作成はもちろん、現在のIT動向などさっぱりという経営者も少なくありません

もしろん、すべて自分一人で解決する必要などありません

経営資源が不足しているのであれば外部から協力を得るのが最も有効です

経営者のITに関するマインドが低いために、明らかに経営に後れを取っているケースが見受けられます

セミナーでは、そのあたりの基礎的な内容も含めて解説しています

ITはわからないままにせず、しっかりその本質を見極めなければ今後の経営は難しいでしょう