我々人間は、常に何か目的や方向性をもって行動していると考えられる。その時、何らかの動機づけが作用している。

 

「あの人が喜ぶから、これをやる。」

 

「上司に言われたので、この仕事をする。」

 

「上司に言われたので、この仕事をする。が、やりたかった仕事でもある。」

 

自らの好奇心や関心など、外部の情報に依存しない動機づけを内発的動機づけと言う。

 

義務、罰則、報奨、他人の意見など外部の情報によってもたらされる動機づけは外発的動機づけと言う。

 

内発的動機づけに基づいた行動は行動そのものが目的であるが、

外発的動機づけに基づいた行動は単なる手段となっている場合が多い。

 

但し、自己の価値観や信念と一致している場合は、内発的動機づけと同じ行動を取る。

 

当初、内発的動機づけによって行動していたものが、報奨など外発的動機づけを受けることで、動機づけが低下することをアンダーマイニング効果という。

 

自ら由とした行動において、金銭的な外発的動機づけを受けて、やる気を失くしたという経験は誰しも一度くらいはあるかもしれない。

 

逆に、外発的動機づけによって、内発的動機づけが高まることをエンハンシング効果という。

 

どちらが良い悪いではなく、

内発的動機づけでやる気が出る人(これを内的基準型という)と、

外発的動機づけでやる気が出る人(これを外的基準型という)がいるということです。