チューニングに際してOracleの仕組みについて理解することが必要です。

 

Oracleも通常のソフトウェアと同じで、基本的にはメモリ、プロセス、ファイルの3要素で構成されています。

 

システムグローバル領域(SGA)とプロセス

プロセスと言われるプログラム群とメモリ上に展開するシステムグローバル領域(SGA)との関係が重要です。

 

プロセスには

SMON(システムモニタ:全体の監視)

PMON(プロセスモニタ:プロセスの監視)

DBWR(データベースライタ:データの書き出し)

LGWR(ログライタ:REDOログファイルへの書き出し)

CKPT(チェックポイント:データ操作の履歴を管理)

ARCHアーカイバ:アーカイブログへの書き出し)

などがあります。

その他にもあります。

 

システムグローバル領域(SGA)は

データやログ、SQLなどを管理する領域に分かれていてプロセスとディスクの橋渡しをするメモリ領域です。

このSGAの領域の大きさがパフォーマンスには重要な要素です。

 

結局のところ、データの量と同時利用者(ユーザー)の数と処理の複雑さ(SQL)でパフォーマンスは決定してしまうと言ってもいいでしょう。

まずはSGAの大きさや各種領域の大きさが妥当かどうかのチェックをしましょう。

 

関連パラメータ

SGA_MAX_SIZE

LOCK_SGA

SHARED_POOL_SIZE

SHARED_POOL_RESERVED_SIZE

 

職場における行動特性とモチベーションと言えば?