チューニングは設計段階から始っている

チューニングというと、とかく本番移行した後に行うものというイメージがありますが、実際には設計段階から始まっていると考えなければなりません。

 

では、なぜそんなイメージが定着したのでしょうか?

 

おそらく開発プロジェクトの問題に起因しているからではないでしょうか。

ほとんどのプロジェクトは何らかの問題を抱えています。

 

そして納期厳守は最重要課題です。

納期厳守のあまり開発優先でチューニングは後回しというのが実態ではないでしょうか。

 

その結果、チューニングは移行後に行うものというイメージが出来上がったと考えられます。

チューニングは後になればなる程難しくなります。

 

「難しい=費用がかかる」ということになります。

 

データベース設計段階から整合性、妥当性を検討することに加え、

プロジェクト計画段階から移行前チューニング・フェーズを考慮することも検討すべきでしょう。

 

職場における行動特性とモチベーションと言えば?