クロスファンクショナルチーム(CFT:Cross functional team)とは、

 

既存の組織の枠にとらわれず、

 

必要な人材が集まって随時編成されるプロジェクトチームのこと。

 

部門や職位に関わらず、

 

場合によっては他社からも人員を集めて構成される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従来の縦割り組織に横軸を通した形でプロジェクトチームを発足させ、

 

組織全体の問題点を抽出したり、

 

改善策を検討したりといったスタイルは、

 

縦割り型組織の弊害で硬直してしまった組織を蘇らせるのに、

 

非常に効果があると言われている。

 

但し、人選には注意が必要である。

 

プロジェクトの目的によっては、適切な人材をどのように選ぶか

 

意外にそこが正確に判断できる人は多くない。

 

客観的に測る方法があるとすればどうだろう。

 

例えば、今回の3・11震災復興のようなプロジェクトの目的が問題解決だとすると

 

問題思考・回避型の高い人を入れると良いというのは理解できるが、

 

目的志向型の人も同時にいれたほうが良い。

 

なぜなら、プロジェクトには目的があり、

 

目的を明確にし、達成できるのは目的志向型の人だからである。

 

このように行動特性を診断し、最適な人材配置を可能にするのが

 

iWAMなのである。

 

もちろん、その他の行動特性も関連することは言うまでもない。

 

 

ご自分の目的志向型、問題思考・回避型、チーム型、組織・体系化型をお知りになりたい方は

 

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テストがお勧めです