ビジョン2011について

 

2011年6月にITコーディネータ協会より発表されたビジョンです。

 

1.ITコーディネータ協会及びITコーディネータは、中堅・中小企業の経営課題に精通し、ITによる解決を通じて経営力強化に貢献する。

 

2.ITコーディネータ協会及びITコーディネータは、「SaaS/クラウド」潮流による新たなITサービス利活用時代において先導的な役割を担う。

 

3.ITコーディネータ協会は、多様な専門スキルを保有するITコーディネータのネットワーク形成を通じ、新たな市場ニーズを創出する。

 

4.ITコーディネータは、倫理規定、行動規範に基づき、ユーザーの信頼、期待に応えるプロフェッショナル人財として常にベストな支援を行う。

 

2011年6月

特定非活動法人 ITコーディネータ協会

 

ITコーディネータ制度が発足して10年目の節目に発表されたものです。

 

 

中堅・中小企業のIT経営の推進、ITサービス利活用の推進、新たな市場ニーズの創出、顧客視点の重要性など

 

 

プロセスガイドラインに記載したということは、

 

今までは曖昧だったITコーディネータの方向性を明確に示したということです。