ITコーディネータ行動規範【戦略視点】について

 

ITコーディネータは、企業がビジョンを達成する最適な戦略と整合あるIT化を行う

 

適切なIT経営を行うには、経営目的、経営ビジョンと整合のある経営戦略とIT戦略を策定する必要がある。

 

企業の社会的存在意義を考慮し、社会視点・顧客視点に基づいて、広く内外の経営資源を活用した戦略策定を行う

 

現代は、「知の時代」です

 

経営資源というと、とかく「お金」を思い浮かべますが、それだけでなく、人財と言われるように、人間のもつ知識やアイデア、実践知など内外の資源をいかに有効活用できるかにあります

 

ITコーディネータは経営戦略、IT戦略策定、実行において、このことを充分に理解して行動しなければなりません