ITコーディネータ行動規範【成熟度視点】について

 

ITコーディネータは、企業経営の成熟度レベルに応じて対応する

 

IT経営の仕組みには、企業経営レベルや、従業員のITリテラシー等の成熟度をよく見極めたITサービスの導入や活用が必要である。

 

さらに、現状の経営やITサービス利活用の成熟度を的確に評価し、自社の強みや、弱点を把握し、経営を次のステージにレベルアップするための継続的な改善・改革を行う。

 

支援する企業や自治体など、支援先の成熟度レベルはさまざまです

 

成熟度レベルが高いとか低いとかは問題でありません

 

むしろ、成熟度レベルを的確に把握できるかにかかっています

 

ケース研修でも、成熟度レベルを理解するという課題があります

 

 

IT経営の成熟度は以下の4つの視点で把握します

 

IT経営ガバナンス

IT経営マインド

ITサービス利活用

IT環境