ITC資格認定制度について

 

(1)基本的な考え方

 

ITCにはプロフェッショナルとしての知識と実務能力が求められることから、

 

これを実現するためのITC資格認定制度があります。

 

ITC資格認定制度の全体観は図に示す通りですが、基本的な考え方は以下の通りです。

 

①「スキル(知識と実践知)」と「キャリア(経験に裏付けられた実務能力)」双方を重視

 

②急速に変化する経営環境、IT動向に対応し、顧客に常に一定レベル以上のサービスを提供できるスキルの向上

 

(2)資格の認定

 

資格認定条件は下記の通りです。

 

①知識の観点は、ITC試験合格

 

②実務能力の観点は、IT経営プロセス模擬体験としてのケース研修受講修了

 

(3)資格の更新

 

ITC制度の特徴の1つとして、激しく変化するIT、経済・経営環境の中でキャリアを積み、常に一定水準以上のサービス提供に必要なスキルを継続して獲得することを義務付けている。

そのため毎年の資格更新を制度化している。

 

当社でケース研修を受講するメリットとして、資格取得後の活動について、助言・支援することにあります。

 

ITCは資格を取得すれば、終わりではなく、資格を取ったその日から活動がスタートします。

 

ぜひ!我々と一緒にIT経営による企業価値の創造、さらには社会価値の創造を目指しませんか?