ITコーディネータ行動規範【客観視点】について

 

ITコーディネータは、価値前提に基づいた客観的な判断基準を持つ

 

IT経営には、全体最適化を図るバランス感覚と客観的な判断基準をもとに、顧客価値や社会価値に基づいて、ステークホルダーの社内外の利害調整をしていく必要がある。

 

特にITソリューションの導入、適用に際しては中長期的な価値向上する客観的な評価基準を基に導入判断を行う。