ITコーディネータ行動規範【実現視点】について

 

ITコーディネータは、知識だけでなく実践から得られた知を活用した目標を達成する

 

変化の厳しい環境の中で企業のIT経営を支援していくためには、

 

知識だけでなく実践知を活用し、目標を達成することが重要である。

 

様々な経験を通して得たノウハウを経験知として蓄積し、

 

それらを共有・学習することにより実践力を高め、

 

ステークホルダーの意識を尊重し、

 

価値を共有し、

 

目標を達成する。