バランスト・スコア・カード

 

財務の視点、顧客の視点、内部プロセスの視点、学習と成長の視点で企業業績を評価する手法

 

よく業績業績と言いますが、会社の経営戦略によって業績の定義も違います。

 

計画によって毎年のように変わるものもあります。

 

まずは、ご自身の会社の業績とは何かを考えてみましょう。

 

売上、利益は財務の視点ですが、具体的な額や伸び率(%)です

 

それ以外にはどのような業績が考えられるでしょうか?

 

新規顧客獲得数、リピートオーダー数、提案数、顧客満足度向上

 

納期短縮日数、業務プロセス改善率、商品開発数

 

資格取得数、研修受講数

 

などなど

 

ここに会社の特徴があります。

 

具体的で客観的な内容でなければなりません。

 

会社は社員に何を求め、社員は会社にどう答えるか

 

業績優秀者(ハイパフォーマー)とは、

 

これらの業績目標(指標)に対して結果を出す人のことです

 

エンゲージメントとは会社のベクトルと社員のベクトルの一致度のこと

 

社員の方向性と力を最大限に発揮させるそれがエンゲージメント戦略です!

 

ご自身のモチベーションはどこからくるのか?

 

お知りになりたい方は

 

iWAM(職場における行動特性とモチベーション)診断テストの受検がお勧めです